【Midjourney】画像生成する際のプロンプトまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

パラメータ

–aspect –ar アスペクト比

アスペクト比、つまり画像比率や画格と言われるものの調整です。
通常は1:1で設定されており、Niji-journey(ニジジャーニー)では3:4に自動調整されている場合などもあります。

例)
–ar 1:
–ar 16:9

–chaos –c カオス値

結果の散らばり具合を表してる指定です。

デフォルトは0となっており上限値は100となります。
値が大きいほど散らばり具合が大きくなる

例)
–c 50

–cref キャラクターリファレンス

キャラクターリファレンスの略で、指定したURLの画像にある人物をどの程度継承して反映するかという指定になります。

まず「–cref」の後ろにURLを指定して人物を指定し、「–cw」でその人物の特徴をどれくらい継承するかを決めます。

URLは複数指定することもできます。

cwは基本的にセットで使い「0」は顔だけ「100」は装飾品や雰囲気、服も継承します。

例)
–cref https://XXX https://YYY –cw 20

–sref スタイルリファレンス

スタイルリファレンスの略で、指定した「値」や「URL」の画像にある絵柄をどの程度継承して反映するかという指定になります。

例)
–sref https://XXX
–sref 0
–sref random

–iw プロンプト依存度

プロンプトに対する依存度を表します。

デフォルトは「1」。

範囲は「0~2」で小数点が使用可能です。

カオス値と用途が似ているところがあります。

例)
–iw 0.5

–no ネガティブプロンプト

描かない要素を指定する描き方です。

「–no」の後に通常のプロンプトの用に指定を打つことができます。その際は通常のプロンプトの様に「,」カンマを使うことも考慮してください。

例)
–no cat, dog

–quality –q クオリティ指定

クオリティの指定となりますがデフォルト値が最大値の「1」に設定されている為あまり使用しません。
画質や荒々しさなどわざと劣化させる目的で使用されます。

範囲は「0~1」で0.25刻みで指定が可能です。

例)
–q 1

–repeat –r 実行回数の指定

同じプロンプトをあらかじめ複数回予約する時に使います。
離席するけど画像ガチャは行いたい、という時に使うとよいでしょう。
プランによって回数の上限が異なる。

例)
–r 3

–seed シード値

シード値とは画像が生成されるときに発生点となる乱数の様な値です(厳密には全く異なります)。

範囲は「0?4294967295」で設定されており、この値のいずれかがランダム抽選されて画像生成が開始されます。

Midjourneyでは生成された画像の右上に「envelope」(メール記号)をリクエストすると画像のseed値を教えてくれます。

例)
many animals –no cat, dog –v 6.0 –seed 2345903446

–version –v –niji バージョン指定

現在使うことができるバージョンを直接指定して呼び出すことができます。

指定は数値呼び出しとなっていて例えば「4」や「5.1」などが使用可能例となります

–style スタイル指定

バージョン指定の親戚のようなもので、使用可能なスタイルを呼び出します。

–style raw
–style 4a, 4b, 4c いずれか一つ
–style cute, expressive, original, scenic いずれか一つ
数字のついているスタイルはバージョン番号です。

例)–style raw

–stylize –s スタイリッシュさの指定
こちらは一般によく使われるスタイルの指定です。

デフォルトは「100」

範囲は「0~1000」となっています。

値を大きくするとよりアーティスティックな投影になります。

書き方例
–s 0

–tile 連続模様指定

タイル指定、つまり連続模様を作る為の指定となります。

–weird –w 芸術度

一風変わった画像を作りたい時に付与する値です。

デフォルトの値が「0」

範囲が「0~3000」となります。

数値が高ければいいというわけではなく、風変わりな画像ができやすいといったイメージです。

–fast

高速書き出しで通常よりも早く結果を出力できます。

–turbo 早い書き出し
高速書き出しの命令で「–fast」よりも早く結果を得ることができます。使用制限があります。

–relax 節約
高速書き出しを拒否することで、月の制限に引っかからないようにゆっくり出力する命令です。

–stop 描画途中で止める
書き出し段階を指定する命令です。

デフォルトは「100」。

範囲は「10~100」となります。

プロンプト作成参考サイト

プロンプトを作成する際に参考になるサイトをいくつかご紹介します。

PromptHero

https://prompthero.com/midjourney-prompts

MidJourney-Styles-and-Keywords-Reference

https://github.com/willwulfken/MidJourney-Styles-and-Keywords-Reference/blob/main/README.md

ArtHub.ai

https://arthub.ai/

Midjourney Artist Influence Reference Sheets

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1h6H2CqjLdZMbLjlz6EHwemfO4fkIzAfWtjRAMSa2KHE/edit?pli=1#gid=533920183

MidJourney Prompt Inspiration

https://cattail.nu/midjourney

PROMPT STYLES AND WEIGHTS

https://sites.google.com/view/understanding-mj-prompts/home?authuser=0#h.pgwd2zntqun1

Midjourney Prompt Generator

https://promptfolder.com/midjourney-prompt-helper

Midjourney Prompt Builder

https://promptomania.com/midjourney-prompt-builder

PromptBase

https://promptbase.com

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【イラスト×AI×ブログによるワクワクコンテンツ提供】|ITメーカーSE歴28年|副業3年目|実績:ブログ複数運営、Twitterアフィリエイト月収益5桁|電子書籍4冊出版 、ココナラコンテンツ販売|『アフィリ王に俺はなる!』をTwitter連載中

目次